株式会社ヘルシーアイランズ


向春草とは?

キク科アザミ属の多年草であるシマアザミのことです。日本におけるシマアザミの分布域は奄美群島以南となっており、一般的なアザミと比べると大型で、草丈は1m前後となります。奄美群島では身近な植物で、地域によっては食材としても利用されています。

シマアザミの機能性や長寿の島奄美をイメージして「いつまでも若々しく」という想いと、離島の厳しい状況下で長年努力を重ねてこられた農家の人たちの「温かい春を待ち望む」気持ちを込めて『向春草』と命名しました。

シマアザミ

美農里(みのり)館について

5つの特徴

1.美味しい

植物の見た目からは、青臭さや苦味があるような印象を受けますが、
味にほとんどクセが無いので、いろんなお料理にもお手軽に活用できます。

2.ミネラルと食物繊維が豊富

ミネラルと食物繊維の円グラフ 向春草の分析データ:日本食品分析センター

3.カルシウムとマグネシウムを含む

カルシウムとマグネシウムの棒グラフ 向春草の分析データ:日本食品分析センター

厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成25年度版)によると、食物繊維、カルシウム、マグネシウムは全年代において不足している栄養素の上位です。向春草は不足する栄養素を補う強い味方です。

4.必須栄養素α-リノレン酸を含む

α-リノレン酸の円グラフ

植物のみで合成され、人間の体に必要不可欠な必須脂肪酸です。体内ではつくることができないため、食品から摂取しなければなりません。

昔から日本人は、主として青魚(鰯、マグロ、さば)等からこのα-リノレン酸を摂取していました。体内でDHAやEPAに変換され、血液をサラサラにしたり、アレルギーを抑えたりする作用が強く、身体にいい油の一種です。

向春草(アマミシマアザミ)には、そのα-リノレン酸が豊富に含まれており、抗肥満効果やアンチエイジング効果も期待されています。

α-リノレン酸の変換フロー

5.大学・医学部・自治体との共同研究開発

大学・医学部・自治体との共同研究開発

科学的アプローチにより、向春草が素晴らしい可能性を秘めた食材であることを発見!
特許出願その機能性が明らかにされつつあります。

研究開発

共同研究者・研究室の紹介

共同研究者

副理事長 上山泰男 医学博士
特定非営利法人奄美機能性食品開発研究会
副理事長 上山 泰男 医学博士
医療法人徳洲会 特任顧問
医療法人徳洲会 瀬戸内徳洲会病院 院長
関西医科大学 名誉教授
日本補完代替医療学会 理事
1966年
京都大学医学部医学科卒業
1977年
米国メリーランド大学救急医療施設Academic Staff
1982年
京都大学医学部講師(外科学第一講座)
1986年
米国(ピッツバーグ大学臓器移植外科Visiting Fellow)
1987年
医療法人洛和会音羽病院副院長
1990年
京都市立病院副院長
1992年
関西医科大学主任教授
2008年
関西医科大学名誉教授・医療法人徳洲会顧問
2014年
医療法人徳洲会特任顧問
副理事長 上山泰男 医学博士
特定非営利法人奄美機能性食品開発研究会
理事 屋 宏典 農学博士
国立大学法人 琉球大学 副学長(産学官連携担当)
熱帯生物圏研究センター 教授
1980年
琉球大学農学部卒業
1985年
博士号取得(九州大学)
2009年
琉球大学分子生命科学研究センター 教授
2011年
琉球大学分子生命科学研究センター センター長
2013年
琉球大学熱帯生物圏研究センター 教授兼センター長
2015年
琉球大学副学長(産学官連携担当)

2014年に沖縄県の伝統野菜「長命草」の抗肥満効果を科学的に証明している。他の件産野菜・ハーブなど生物資源の生理機能研究も進めており、肥満、糖尿病、ガンなどの生活習慣病改善、健康・美容産業での応用を目指している。

研究室

(国立大学法人 琉球大学 熱帯生物圏研究センター)

(国立大学法人 琉球大学 熱帯生物圏研究センター)

『向春草』についてもっと知りたい方は、下のボタンからお問い合わせ下さい
お問い合わせ

↑ PAGE TOP